妊娠中のハイジニーナ脱毛がダメな理由は?

妊娠中のエステサロンでの脱毛は断れるところがほとんどです。
これはフラッシュやレーザー脱毛による施術が子宮や胎児に直接悪影響を与える訳ではありません。
ではなぜダメかというと、脱毛時の痛みによって陣痛が誘発されたり、痛みによる刺激やストレスが母体に良くないためです。
なのでハイジニーナ部分の脱毛に限らず、どの部位の脱毛であっても、妊娠中は施術できないところがほとんどです。
妊娠中は急に気分が悪くなったり、吐き気やめまいなど、自分でも予期せぬ体調の変化が急に訪れます。
妊娠初期はまだ不安定な時期なので安全第一ですし、妊娠後期になって安定しても、お腹が大きくなった状態でエステのベッドに横になったりするときに母体に負担がかかったりするので、危険だからです。