カラコンが痛い場合はすぐに使用を中止しましょう!

カラコンを購入して使用したけれど、どうしても痛くて合わないという人がいたら、カラコンの大きさがあっていないか、カーブなどがあっていない場合がありますので、出来れば眼科などでコンタクトのカーブを調べてもらうといいでしょう。
目が痛いのにカラコンをそのまま使用していますと、目の病気になったり、眼球が傷ついてもっと痛くなることもありますので、注意したほうがいいでしょう。
買ったからもったいない、と思わないで合わないものについては、使用を中止することを強くおすすめします。
あまりにも安くて大丈夫かな、と思われるようなものも粗悪なものであった場合がありますので、出来ればおすすめしません。
購入するサイトをきちんと調べてから購入をしてみましょう。