住宅ローン金利の金利リスクとは?

住宅ローン金利とリスクには密接な関係があります。
同じ金融機関での比較において金利が低い住宅ローン金利はリスクが高く、金利が高い住宅ローン金利はリスクが高いことになります。
同様の商品での金融機関同士の比較で言えば、リスクは同じであるので当然金利が安い金融機関で借りた方が良いことになります。
変動金利を借りて、住宅ローン金利の金利が上がったら固定に変更すればリスクは低いという人もいますが、まずは、固定金利の方が先に金利が上がる可能性が高い中で、変動金利の方が低いうちに変更できる人も少ないでしょう。
従って本当にリスクを避けたかったら固定金利で高い金利を払うのが無難です。
変動金利で借りる人が多いですが実際にリスクを把握して借りているかは疑問です。
住宅ローンフラット35の金利は上がる?