フラット35Sは火災保険が必要?

フラット35を利用するときと同じように、フラット35Sを利用する場合でも火災保険に加入することが義務となっています。
フラット35Sを利用した住宅ローンの返済が全て終わるまで火災保険をかけておく必要があるのです。
この場合、住宅金融支援機構の火災特約保険をかけることは出来ないため、ローンを利用する金融機関と提携している火災保険をかけるというのが一般的です。
他の保険会社の商品を利用するというのももちろん良いのですが、金融機関と提携しているところであれば住宅ローンの利用者は保険料を割り引いてくれるというサービスもあるのです。
同じような保険内容であれば、お得に利用できる金融機関提携のものを選ぶのが良いのではないでしょうか。
フラット35Sの審査は厳しい?甘い?金利引き下げ!【技術基準落ちる?】